忍者ブログ
"When you hear music, after it's over, it's gone in the air. You never capture it again."
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
音波舎
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
[334]  [332]  [335]  [336]  [333] 
5/2(火) 19:00open 19:30start
charge 予約¥2000 当日¥2300 +DrinkOrder


マヌエル・アドノ Manuel Adnot guitar
アヴァンギャルド・ギタリスト、インプロヴァイザー、コンポーザー。主にアコースティック・ナイロンギター、エレクトリック8弦ギターによるオルタネイティブなアプローチに取り組んでいる。また、即興、ポップ、フリージャズのプロジェクト、''April Fishes'', Power Jazz trio ''Sidony Box''、そしてプログレッシブ・メタル・バンド ''Aeris'' のリーダー・共同制作者として活動している。また、アコースティック・ギター・ソロによる「Ueno Park」と名付けられた日本と繋がりの強いプロジェクトにも取り組み、''Tropare'' レーベルから Amaury Cornut(ムーンドッグの伝記作家)プロデュースによるファーストアルバムをリリースしている。


清野拓巳 Takumi Seino guitar
13歳でギターを手にし、15歳頃からライブハウス等での活動を始める。1993年渡米。バークリー音楽大学演奏科入学。1996年同校を最優等で卒業。在学中より自らのグループを率いて、ボストン、及びその近郊にて演奏活動を重ねる。また、さまざまなセッション、レコーディング、コンサート等にも数多く参加。1996年8月帰国。以来、自己のグループ、ソロ演奏での活動と平行して、精力的に国内外のミュージシャンとの共演を重ねている。多くのリーダーアルバムをはじめ、日本、アメリカ、ヨーロッパ等のレーベルから50枚以上のCDを発表。ジャンルという枠にとらわれないボーダレスな姿勢、独自の世界観をもつ音楽は海外からの評価も高い。


磯端伸一 Sin'ichi Isohata guitar
1962年大阪生まれ。 12才からギターを弾き始めジャズに傾倒、1982年から東京で音楽理論等を学ぶ。85年から故高柳昌行に師事、楽器の基礎と高柳の音楽哲学を学ぶ。93年から兵庫県在住。いわゆるクラシックやポピュラーの類から、ノイズ・抽象に至るまでその音楽活動は多岐に渡り、特にアブストラクトなジャズと現代音楽的アプローチのインプロヴィゼーション・ギター・ミュージックは、視覚的イメージと独自の理論構成によって精緻かつ大胆に奏され、その独特な響きと透明な音色は国内外の多くのリスナーを魅了している。また、96年からスタートした「series EXISTENCE」は、サウンドと視覚との美的抽象空間共有を目指すライフワークとして実践を継続し、他の分野のアーティストとのコラボレーションも多数手がけている。

創徳庵 (そうとくあん)
大阪市北区中崎西4-2-30
080-1476-1934
soutokuann@yahoo.co.jp
※地下鉄谷町線中崎町駅2番出口より徒歩5分、梅田から徒歩約15分











PR
忍者ブログ [PR]
TOP